M字はげ

AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」という意味です。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことで、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。
一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

AGAの原因とは

AGA(エージーエー)の脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが高濃度にみられ、これがずばりAGAの主な原因物質と考えられています。DHTには皮脂腺と毛乳頭に作用して毛髪が 十分に成長することを妨げるはたらきがあり、DHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することにより、ヘアサイクルが乱れ、成長期が終了してしまい、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなると全体としてうす毛が目立つようになります。 DHTはテストステロンというホルモンの不足を補うために、5α-還元酵素という酵素によってテストステロンが変換されたものです。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)のはたらきとは

では、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)はいったい何のために存在しているのでしょう?

 

DHTの前段階であるテストステロンは代表的な男性ホルモンの一種で、はたらきとしては以下のようなものがあります。
・筋肉を成長させる
・声変わり
・体毛などを濃くする
・骨格の発達
・精子の形成

 

上記のはたらきを見ると、テストステロンが男性にとってとても大切なホルモンだということがわかります。
加齢に伴ってテストステロンは減少していくため、それを補うためにテストステロンはDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されるのです。
DHTに変換されることによって各組織の受容体と結びつきやすい性質に変化し、上記の各はたらきを作用しやすくしているのです。

 

DHTに変換される理由は上記のとおりなのですが、DHT は胎児期と思春期以降で異なる働きをすると考えられています。
DHTは胎児期には胎児の外性器の正常な分化という重要な役割を果たすのですが、思春期以降には、AGA(男性型脱毛症)、ニキビ、皮脂の増加、前立腺肥大など、ありがたくないはたらきばかりが目につくようになるのです。